医者と患者の相談

安心して相談できる

  • 点滴

    日本の少子化問題は、これから先の日本の行く末にも大きく影響する問題です。
    女性の晩婚化が進み、不景気が続く昨今、子どもを産んで育てることに不安を抱える人が多いせいかもしれません。
    しかし、本当に問題はそれだけでしょうか。
    例えば産婦人科について考えてみると、二極分化されているのではないでしょうか。
    女性が出産するのに、産婦人科はなくてはならない存在です。
    最近の病院は、待合室も充実していて、リラックスできる雰囲気になっています。
    ある病院では、入院している間も、お母さんがゆっくりくつろげるようになっていますし、まるでホテルに宿泊しているような気分になれます。
    食事も一流シェフの作ったメニューのように、目で見ても楽しめるようになっています。

    もちろんサービスも充実していて、入院しているといった感覚ではありません。
    しかし、一方では産婦人科がなく隣の町までいかないといけないようなところもあります。
    検診に行くにも、臨月になっても自分の車で1時間以上かけて出かけなければならない妊婦さんもいて、いざ出産を迎えても、夫が不在の場合、自分で車を運転して病院へ向かうといった地域があるのも事実です。
    いずれにせよ、女性が安心して出産できるような環境を整えることが大切です。
    産婦人科医が地域に常駐できるように、何らかの手立てをとっていかなければ、出生率の高い地域任せでは、日本の出生率は上がらないでしょう。
    それぞれの地域の課題に目を向け、そのニーズに合わせた産婦人科が必要なのです。